ご存知ですか?土地の価格は5つあります

実勢価格 取引の当事者が話し合って決める価格。
時価公示価格 一般の取引の参考にする為、国土交通省が全国で約38,000の標準地を選び、毎年、1月1日現在の価格を3月下旬に公示します。
その地点の実際に取引された価格ではなく、鑑定士が売買取引の事例や賃料の相場等をもとに、評価・算出した理論上の価格です。但し、算出の元にした事例が1年ぐらいの古い事例だったり、参考にするべき実際の取引事例が少ない地点もあり、必ずしもその年の1月1日の価格とは言えない例もあります。
地価調査価格 公示価格を補完し、都道府県知事が毎年、7月1日を基準に公表します。
路線価 市街地の道路に沿った土地の1u当たりの評価額です。
相続税、贈与税、地価税の課税の為に、国税局長が毎年定め、公示価格のおよそ80%を目処としていると言われます。
毎年8月上旬ー8月中旬に発表されます。
http://www.rosenka.nta.go.jp/
固定資産税評価
固定資産税を課税の為に、3年に1度、市区町村長が定めます。
公示価格のおよそ70%を目処としていると言われます。
土地、家屋の所有者には毎年1月1日現在の「固定資産課税台帳」の記載に従い1年分の「固定資産税(地方税)」が課税されます。

「土地総合情報システム」―国土交通省の作成したホームページです
http://www.land.mlit.go.jp/webland/
「地価公示(標準地)」、「都道府県地価調査(基準地)」及び「取引価格」の情報を検索・閲覧出来ます。